ディプレッションからの大脱走

ディプレッションから逃げている男の日記です。でも、きっと生きていればいいことあるよ♪

自分だってきっと、社会で活躍する権利はあるぞーーー!!!

f:id:INAHO1:20181018201935j:plain

イナホです。

 

先月までは弱々しい私でしたが、体調はかなり良くなってきました。

 

というか先ほど、今週2回目のランニングに出かけたのですが、だいぶ以前に近い感じで走れるようになったなと思いました。

 

あれもやりたい、これもやりたい病

ということで、おかげさまで元気です。

 

ただ、これは私の癖なのかしらんと思ってしまうんですが、「元気になったらあれもやりたい、これもやりたい病」が発生してしまいます(でも、躁とは違う)。つまり、落ち着きがないんです。

 

それ自体は、元気になった証拠でもあるので悪いことではないと思いますが、ちょっと現実を見つつ、少し気長にやっていきたいと思います。そのくらいがちょうど良いと思いますし。

 

ある転職情報サイトに登録したら

ところでこの間、ある転職情報サイトに登録しました。

 

とはいえ、べつに転職をしようと考えたわけではないです。そのサイトに載っていた、業務委託型のライターの仕事の話を聞いてみたいと思って、そのために登録しました。

 

でも、すごくたくさん、普通の転職としてのスカウトを頂いています。中には「書類選考なしで面接です」なんていうのもあります。

 

それはそれで、興味を持って頂いているということなので、すごくありがたい話ではありますし、チラッとどのような仕事なのかを見てみたりもしました。

 

でもその時、どうしても考えてしまうんですね。またサラリーマンになることについて。

 

もちろんサラリーマンのメリットとしては、とにもかくにも所属していれば、定期的に収入は得られることです。もちろん仕事が楽しければ、それに越したことはないでしょう。

 

しかし、私自身についてはどうかというと、結論はこれになってしまいます。

 

サラリーマンだと、自分の体に責任が持てない…

 

ただ、「責任」という言葉は、主に会社の人だったり家族だったりと、他人に対しての話だと思います。

 

そしてさらに自分についていえば、こうなります。

 

もううつ病は嫌だ、絶対になりたくない!

 

毎日毎日が憂鬱でたまらなくて、夢遊病者のように、自分が見たり聞いたりしていることだって、自分が感じていることのようには思えない日々…自分は生きているのか生きていないのか…

 

これを長い間続けることになるんです。正直生きた心地がしないです。たとえ入院や自宅療養は避けられても、辛すぎます。

 

きっと、社会で活躍する権利はある

そうは言っても、この先どうなるかなんてわかりません。もしかしたら何かの縁で、今度は健康なサラリーマンになっちゃったりしているかもしれません(今のところは、またサラリーマンになるつもりはないですが)。

 

それならそれでも、うつ病ともう縁がない状態なのであれば、構わないと思っています。ただ今は、とても健康な状態でサラリーマンをできる自信はないということです。

 

なんだかとりとめのない文章になってしまいましたが、今の私の考え方の軸は、とにかくうつ病からは離れることなんだと再認識しました。

 

ただし仕事としても、元々自分にとっては楽しいのは、書いたり作ったりすることなのかなと思ってもいました。

 

そして、今の時点の実力云々は置いておいても、努力すれば自分だって社会で活躍する権利はあると思っています。

 

そうだ!きっとある!!