ディプレッションからの大脱走

ディプレッションから逃げている男の日記です。でも、きっと生きていればいいことあるよ♪

これからの生活。取材ライター、仲間、ブログの書き方

f:id:INAHO1:20180910122025j:plain

もうすぐ会社員生活も終わろうとしています。

 

もう辞めることが決まっているのに、どんどん仕事が来ますが、もう頑張ってもしょうがないしこの会社に私の未来は無いので、正直全くやる気が出ません。

 

あと数週間なのに引き継ぎも全くしていないし、本当に大丈夫なのか?と思います。

 

それは置いておいて、先のことばかり考えています。

 

体調がよくなったら取材ライターがやりたい

ライター、特に取材ライターがやりたいと思っています。チャレンジしたい媒体も、見つけました。

 

ただ、今は絶賛うつ病中で、直ちには色々行動できないので、差し当たっては家でこなせる仕事で体力・気力を元に戻したいところです。

 

うつ病って、辛いんですよ…。

 

でも、集中力は人一倍あるし、家でだったら会社員以上に仕事をしていられる自信はあります。

 

よくあるクラウドワークス、ランサーズには登録済みですが、クラウドワークスの方は以前ちょっと使っていましたから、まだ使い慣れているし「ありがとう」などの実績もあるので、改めて始めやすいところです。オファーも来たりしています。

 

それ以外の手段も、いろいろ検討したりはしていますが、まだ時間的にがっつりすぐ行動できると言える状態ではない(まだサラリーマンのため)ので、応募には二の足を踏んでいる状態です。

 

仲間を見つけたい

家で自分のペースで出来るのは良いのですが、家に引きこもり状態だと孤独を感じることが容易に想定されます。子どもはいるんですが。

 

私は組織がダメで諦めましたが、べつに人との交流が嫌いなわけではないので、色々仲間も見つけていきたいなと思っています。

 

でも、その辺は、とにかく行動していればいつの間にか何とかなるような気もしていますが。自身の過去にも例はありました。

 

浪人二年目時代です。どうしても早稲田に行きたいし、かといってもう落ちたら、これ以上の浪人生活は無理だししたくないし、とにかく背水だった時です。

 

誰かと話す時間があったら勉強したいと思っていましたし、友達仲間など全く作る気なく4月からスタートしました。でも、数ヵ月毎日予備校に行っているうちに、なんだか仲間が出来てしまったんです。

 

全然そんなつもりはなかったのに、やっぱり目的を持って自発的に行動していると、出会いってものはあるんだなぁと、後で振り返ってみて思いました。

 

ブログの書き方が、まだ今一つだと思う

正直まだ、ブログの書き方が固まっていないなぁと自分でも思います。

 

他の人のブログで、この人感性や境遇が似ているなと思ったのを参考にしてみたりしたんですが、やっぱりそれだと「自分」というものが出てこない気がしたり…。

 

だから、気楽に思ったことを書いてみたりするようにしました。こっちの方がしっくりくる気がしますし、サクサク書けました。